オンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Labオンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Lab

column組織文化コラム

ホーム組織文化コラムあなたの強みを見つけよう!
ピンクの花

あなたの強みを見つけよう!

1分コラム さぁ明日を元気に! Vol.227

目標を実現するために頑張って取り組むときに、”自分の能力を活かす”という視点を持つことができれば可能性は大きく広がると思います。

私たちは、つい憧れが強すぎて自分の可能性を狭めてしまうことが多くあります。人は自分にないものや自分が持っていないものに強い憧れを抱きます。

“ないものねだり”や“隣の芝生は青く見える”などという言葉の通り、自分にないものや足りないものに対して意識が集中します。

人はそれぞれ顔が違うように、持っている力が違います。

こんな当たり前のことは何度も聞いて分かっているはずにも関わらず、いざ、何かを真剣に考える段になると、先ほどのように自分に足りないものへ意識が集中して、それを隠すかのような目標を設定したり、自分の頭の中にある“あるべき”方法から考えてしまいます。「自分の持っている力」という視点がなくなってしまうのです。

そもそも、「自分の持っている力」とは何でしょうか?「自分の強み」とも言い換えられると思います。これを知るための多くの書籍が発行されているので、参考にされるといいかと思います。私も多くの本を読み、参考にさせてもらいました。

みなさんから色々な相談を受けた中で、とてもシンプルで分かりやすいなと思いおすすめする方法は、

「周りの人から、誉められたこと。驚かれたこと。」をとにかく羅列してみることです。

次にそれをグルーピングしていきます。そして、まとめる際に核となる共通する事項に注目してみます。これを数度繰り返してみると、あなたの「強み」が見えてきます。自分がそれほど意識もせず、当たり前だと思ってやっていることの中に、あなたの「強み」があります。周りの人は、意識せず当たり前にはできないけれど、あなたにはできてしまうこと。それがあなただけの「強み」です。

この「強み」に早く気づいて、あなたに足りないものではなく、あなたにしかないもの、「強み」を活かすという視点をもって様々なことに取り組んでいくことで、あなたの可能性は無限に拡がっていきます!

今すぐ、
組織文化を見直そう。