オンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Labオンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Lab

column組織文化コラム

ホーム組織文化コラムワクワクするビジョン
朝焼け

ワクワクするビジョン

1分コラム さぁ明日を元気に! Vol.221

組織が強い力を発揮するためには、組織のビジョンをメンバーが“自分ごと化”することが必要です。

この最初の段階で、メンバーが個人のビジョンを考えることが必要になります。

「何がしたいのか」「どうありたいのか」、全く思い当たらないという人もいます。ビジョンが見つかるまでじっくりと一緒に考えていく必要があります。

反面、あれもしたいしこれもしたいと思う人もいます。とても積極的で素晴らしいことですが、本当にやりたいことかどうかをしっかりと考える作業は必要です。

例えば、「英語が話せるようになりたい」「〇〇士の資格を取りたい」などといった目標を設定しながら、仕事が忙しくなるといつの間にかその目標を忘れてしまう。そして、また、同じ目標を掲げるということを繰り返してしまうことがあります。私もあれもやりたいこれもやりたいタイプで、このような繰り返しを多くしていました。

自分がやりたいと思っていることの理由をよく考えてみると、

「自分の未来にとってその結果が必要であるため」

であることがほとんどでした。あったらいいなに近い感覚だったので、多忙になると後回しになってしまうのです。

組織のビジョンを“自分ごと化”するために必要な、「個人のビジョンの設定」は、このような自分の未来にあったらいいなという目標に留まらず、

『自分が心から実現したいと思えるもの」

を見つけ出して設定することで、効果をより発揮します。

そのビジョンの実現に向かっていること自体がワクワクしてくるような自分のビジョンを見つけたいですね!

今すぐ、
組織文化を見直そう。