オンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Labオンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Lab

column組織文化コラム

ホーム組織文化コラムコミュニケーションの目的と大切な2つのこと
犬とフリスビー

コミュニケーションの目的と大切な2つのこと

1分コラム さぁ明日を元気に! Vol.213

コミュニケーションの目的は

“同意”ではなく、

“合意”=“コンセンサス”です。

自分と相手の意見が違うことを前提として、

その上で“共有”できることを探すものなのです。

何かを決めるとき、メンバー間で本音のコミュニケーションを図って、“合意”できることを探していきます。

とはいっても、意思決定にスピードが要求される場面も多く、メンバー間の“コンセンサス”をとるための十分な時間がとれないこともあります。

この時に大切なことが2つあります。

1、多数決で集団の意思を決めたとしても

「少数として採用されなかった意見を最大限尊重すること」

2、自分の意思と異なったとしても

「決定した集団の意思のために最大の力を発揮すること」です。

この2つのことに関して、集団の中で“コンセンサス”をとること。これが、まず最初に集団が手に入れなければならない“コンセンサス”なのです。

 

この記事を書いた人

遠藤 直哉

今すぐ、
組織文化を見直そう。