オンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Labオンライン研修、オンラインチームビルディングの組織文化Lab

column組織文化コラム

ホーム組織文化コラム仕事の目的は単なる作業?
それとも世の中に貢献すること?
景色

仕事の目的は単なる作業?
それとも世の中に貢献すること?

日本を元気にする!運動会屋遠藤のつぶやき Vol.183

とあるお店で職員の方が、客である私の対応をしてくれています。一生懸命に笑顔で接客してくれています。しかし、すぐ隣にいる、おそらく上司の方は、私から30センチも離れていませんが、私に目を向けることは一度もなく、もちろん笑顔もなく、PCをずっと睨みつけていました。その上司の方の仕事の“目的”“目標”はあるのでしょうか?あるとすればそれは何なのでしょうか?

以前、イソップの「3人のレンガ職人」の寓話をご紹介しました。大聖堂を作る工事に携わっているレンガ職人たちの話です。自らの仕事を単に“レンガ積み”と考える人、生活費を稼ぐためという“目標”をもって取り組んでいる人、歴史に残る大聖堂を作っており、“世の中に貢献することが目的である”と考える人とでは、仕事に取り組む姿勢やモチベーションは自ずと変わります。

その上司の方は、その朝、誰かから怒鳴られた後だったのかもしれません、体調が悪かったのかもしれません。おそらく普段は、こんなことはなかったのだと思います。

「お客様にいかに満足いただくか」

シンプルですが、とても難しいこのテーマを考えさせられる出来事でした。“目的”“目標”をしっかりと振り返りながら、毎日の仕事に取り組んでいきたいですね!

 

この記事を書いた人

遠藤 直哉

 

無料セミナーを開催

このコラム筆者、遠藤が講師を務めるオンラインセミナーを開催します。

●コミュケーションのあるべき姿とは
実施日:2021年1月20日(水)
時間:14時~15時30分
講師:遠藤直哉

※セミナーの開催媒体はZoomになります。

詳細、お申し込みフォームはこちら

今すぐ、
組織文化を見直そう。